• トップページ
    • テレフォニー
    • ネットワーク
    • セキュリティー
    • 保守メンテナンス
    • 会社案内
    • 環境活動
会社案内
トップページ > 会社案内 >    沿革

沿革


大正12年 ★宇式電気商店を創業。(創始者:宇式 仁)
昭和 5年★ラジオの組立・販売の事業を開始。 (ラジオ放送開始に伴う
昭和 8年★付属電話の事業を開始。 (電話設備事業の開始)
昭和10年*富士通信機製造株式会社、資本金300万円で設立(現、富士通株式会社)
昭和15年★電灯工事・動力工事が主な事業モーター捲線修理・軸受けメタルの製造等。従業員6~7名
昭和18年 1月★PBXは全て共電式交換機。顧客は、銀行・証券会社・商事会社等々。
昭和18年12月*日本電話設備会社発足(全国の電話設備会社が統合される)以降は電話設備の事業は不可能となる。
昭和20年 6月★静岡空襲により店焼失。
昭和21年★宇式電気工業所を宮ヶ崎町11番地に再建。電気工事・モーター修理・家電販売が主な事業。
昭和29年*PBXが10年ぶりに事業可能となる。
昭和30年★富士通信機製造株式会社の特約店となる。
昭和34年*静岡電話局が自動交換機となる。
★当社第一号の自動交換機として、某マスメディア会社のH型150回線を手がける。以降、銀行本店・市役所等の大型物件を手がける。     
昭和39年★株式会社 宇式電気工業所 を発足。代表取締役に宇式又一郎就任。      
*富士通株式会社静岡支社の前身の富士通信機製造㈱静岡出張所が、当社事務所の2階に開設。
昭和42年*富士通信機製造㈱から、富士通株式会社へ社名変更される。
昭和44年*交換機はステップバイステップ方式からクロスバー方式の時代へ遷移していく。
*電電公社の請負工事の認定制度が発足。全国で特甲クラス:50社、甲クラス:250社が認定される。
★弊社は、特甲クラス。201回線以上の電電公社請負工事を手がける。各地市役所・製紙・造船・楽器・自動車等々の製造業。
昭和48年 ★事務所を静岡市宮ヶ崎から、静岡市長沼へ移転。
 昭和57年 *交換機はクロスバー方式から電子交換機の時代に遷移していく。
★第一号として、某総合病院の電子交換機を手がける。
昭和60年*日本電信電話公社から、日本電信電話株式会社(NTT)となる。
★沼津営業所新事務所を沼津市西沢田に建設。     
★ 浜松営業所を開設。
昭和62年★株式会社 宇式通信システムに社名変更。代表取締役に宇式寛記が就任。
平成 元年★静岡市長沼の同一敷地内に新本社事務所を建設。
平成 2年★寮へのレンタル電話サービスを”U寮システム”として販売開始。 
平成 5年★NTTのPBX販売店に認定される。全国で101社、県内では1社。現在稼働中の当社が手がけたユーザーは1,320社となる。
平成 8年★静岡市内イヴェント施設において、第一号のモバイルシステムを手がける。(アナログコードレスシステム)      
★某総合病院においてPHS導入第一号。(新聞掲載され話題となる)九州のNTTより見学にみえる。(デジタルコードレスシステム)

★全国規模の製紙会社において、全国の内線化をD-MIXにて構築。    
平成14年 ★某シティーホテル内のLANとシステムの一部を構築。新しい分野への挑戦の始まり。       
★新設大型病院の通信システムを手がける。

★全国規模の製造会社に本格的なテレビ会議システムの構築。同時に、IP-VPNに電話・テレビ会議・データの11拠点の共存を実現。世の中は、本格的な通信のIP化へと進む。    
平成15年★全国規模の医療機会社の全拠点ネットワークの構築を実現。富士通グループと共に。(IP-VPNによるネットワーク)
平成17年*政府の指導により、全国で市町村合併が進む。
★某自治体の合併に伴い、両者をVoIPによりネットワーク構築
平成19年★全国規模の製紙会社において、全国のフルIP化を実現。大規模フルIP-PBXの第一号として構築。     
平成22年★「エコアクション21」の認定を受ける。
平成26年 6月
★沼津営業所を、同住所に新築移転。
平成28年 5月
★総務省:電気通信事業の届出受理される。
平成29年 8月★本社事務所を静岡市長沼から、静岡市国吉田へ新築移転。
平成30年 2月★浜松営業所を浜松市中区砂山町から、浜松市東区和田町へ移転。
平成30年 3月★熱海営業所を沼津営業所へ統合。


ページ先頭へ戻る